SAGANTOSU
Official Web Site

5/13(日) 2018明治安田生命J1リーグ
第14節

浦和レッズ vs サガン鳥栖

埼玉スタジアム2002 14:00

HOME

浦和レッズ
0

試合終了

0 前半 0

0 後半 0

0

AWAY

サガン鳥栖

      アウェイグッズ情報

      5/13(日)『明治安田生命J1リーグ』第14節vs浦和レッズにてサガン鳥栖グッズ販売のお知らせ

      【販売場所】
      AWAYゴール裏コンコース(D4ゲート付近)

      【販売時間】
      AWAY側開門時(11時半頃)よりゲーム終了後まで

      【販売グッズ】
      ・背番号タオルマフラー
      ・ITADAKIグッズ
      ・サガン鳥栖 OFFICIAL YEAR BOOK 2018
      ・その他サガン鳥栖商品

      メンバー

      スターティングメンバー

      GK1西川 周作
      DF6遠藤 航
      DF2マウリシオ
      DF5槙野 智章
      MF27橋岡 大樹
      MF16青木 拓矢72‘
      MF15長澤 和輝59‘
      MF3宇賀神 友弥
      MF10柏木 陽介
      FW30興梠 慎三88‘
      FW9武藤 雄樹
      GK20権田 修一
      DF13小林 祐三
      DF5キム ミンヒョク
      DF15鄭 昇炫
      DF3高橋 祐治
      DF23吉田 豊
      MF36高橋 秀人
      MF14高橋 義希
      MF4原川 力
      MF25安 庸佑46*‘
      FW22池田 圭53‘

      控えメンバー

      GK28福島 春樹
      DF31岩波 拓也
      MF11マルティノス59‘
      MF18山田 直輝88‘
      MF22阿部 勇樹
      MF38菊池 大介
      FW20李 忠成72‘
      GK18高丘 陽平
      DF8藤田 優人
      MF7河野 広貴
      MF21加藤 恒平
      FW27田川 亨介46*‘
      FW32ビクトル イバルボ53‘
      FW41石井 快征

      監督

      オズワルド オリヴェイラ
      マッシモ フィッカデンティ

      試合経過

      • 興梠 慎三
      • 山田 直輝
      88‘
      • 青木 拓矢
      • 李 忠成
      72‘
      • 長澤 和輝
      • マルティノス
      59‘
      53‘
      • 池田 圭
      • ビクトル イバルボ
      46‘
      • 安 庸佑
      • 田川 亨介
      8‘
      • 原川 力

      スタッツ

      18FK10
      10CK1
      0PK0
      9シュート2
      0/0警告/退場1/0

      試合環境

      入場者数

      40,137人

      天候

      気温

      20.7℃

      湿度

      75%

      主審

      家本 政明

      副審

      西橋 勲

      副審

      清野 裕介

      第4の審判員

      木川田 博信

      マッシモフィッカデンティ監督

      戦術的にお互いガチガチの試合だったと思います。結果そのように見えただけで、どういった準備をしてこの試合に臨んだかは自分のチームのことしか言えません。状態的にフル出場できない選手を何人かいる中で、ある程度、交代のプランを立てて試合に臨みました。
      池田選手、イバルボ選手といった90分プレーするは難しい状態の選手をうまく起用しなければいけませんでした。そういった中で池田選手と安庸佑選手を2トップで使って前半をスタートして、後半に田川選手とイバルボ選手を投入するという形でした。前半あれだけ我慢する展開の中で、後半のチャンスを伺いました。まず浦和レッズに何もやらせてはいけない、前がかりにならずに選手たちは戦って最後まで賢くプレーができていました。もちろんその中でスペースができて、そういう距離を走れる裏をつける田川選手、イバルボ選手などが攻撃の面でもう少しできたかなとは思うのですが、十分に90分間を賢く戦えたと思います。

      高橋祐治選手

      (浦和レッズは)いいチームですし、難しい試合になるとは思っていましたが、無失点で抑えることを意識していました。相手はボールを回すのがうまいけど、守備が整っていれば、ちゃんと守れると思っていたので慌てずに試合に入ろうと考えていました。
      ミンヒョク選手やスンヒョン選手もそうですし、最後のところ、大事なところでみんなが身体を張った守備をしてくれたので、無失点につながりました。
      (ファン・サポーターの皆さんへ)今日は雨の中、大勢の方々に来ていただいて感謝しています。もちろん勝利を届けたかったのですが、皆さんの声援が力になって貴重な勝ち点を取れました。次のリーグ戦、FC東京戦で勝たなければ今日の勝ち点1も意味がなくなってくると思うので、勝たなければいけませんし、ホームで勝って皆で喜びを分かち合いたいです。

      鄭昇炫選手

      まず、この雨の中、そしてこの遠いところまで来てくださるファン・サポーターの皆さまに感謝しています。
      浦和レッズの攻撃が強いので、難しい試合になるのは分かっていました。みんなでカバーしあったり、裏のスペースを自由に使われないようにディフェンスラインをうまくコントロールできたり、最後まで集中できたことは良かったと思います。
      今シーズンのリーグ戦で初めて無失点で終えられたことは良かったですが、試合に勝ったわけではないですし、嬉しいですけど悔しさもあります。今日、無失点に終えた結果を自信にして、ワールドカップ中断前の最後の試合、ホームでのFC東京戦に必ず勝って、皆さんと一緒に喜べるように頑張りますので引き続き応援よろしくお願いします。

      フォトギャラリー