SAGANTOSU
Official Web Site

8/17(土) 2019明治安田生命J1リーグ
第23節

湘南ベルマーレ vs サガン鳥栖

Shonan BMW スタジアム平塚 19:00

HOME

湘南ベルマーレ
2

試合終了

1 前半 2

1 後半 1

3

AWAY

サガン鳥栖
  • 松田 天馬(43‘)
  • 古林 将太(57‘)
  • イサック クエンカ(25‘)
  • イサック クエンカ(41‘)
  • 金井 貢史(90+5‘)

アウェイグッズ情報

8/17(土)『2019明治安田生命J1リーグ』第23節vs湘南ベルマーレにてサガン鳥栖グッズ販売のお知らせ

【販売場所】
Shonan BMW スタジアム平塚 キングベルパーク アウェイグッズ売店

【販売時間】
15:00~試合終了後30分程度

【販売商品】
・2019レプリカユニフォーム1STモデル(9番・44番)
・2019ナンバーTシャツ半袖フルスポンサー(9番)
・2019背番号タオルマフラー(9番・17番)
・2019タオルマフラー
・書籍「フェルナンド・トーレス これまでの道、これからの夢」
・その他サガン鳥栖グッズ

メンバー

スターティングメンバー

GK1秋元 陽太
DF13山根 視来
DF4坂 圭祐
DF8大野 和成
MF50古林 将太74‘
MF16齊藤 未月
MF19金子 大毅
MF5杉岡 大暉
FW18松田 天馬
FW11山﨑 凌吾
FW15野田 隆之介68‘
GK18高丘 陽平
DF41松岡 大起
DF15パク ジョンス
DF22原 輝綺
DF5金井 貢史
MF39金森 健志
MF36高橋 秀人
MF4原川 力8‘
FW25安 庸佑66‘
FW44金崎 夢生
FW7イサック クエンカ81‘

控えメンバー

GK25松原 修平
DF3フレイレ
DF6岡本 拓也74‘
MF2菊地 俊介
MF10山田 直輝81‘
MF28鈴木 冬一
FW20クリスラン68‘

81‘
GK16石川 慧
DF2三丸 拡
DF3高橋 祐治
MF6福田 晃斗8‘
FW11豊田 陽平81‘
FW31林 大地
FW40小野 裕二66‘

監督

高橋 健二
金 明輝

試合経過

95‘
  • 金井 貢史
  • クリスラン
  • 山田 直輝
81‘
  • イサック クエンカ
  • 豊田 陽平
  • 古林 将太
  • 岡本 拓也
74‘
  • 野田 隆之介
  • クリスラン
68‘
66‘
  • 安 庸佑
  • 小野 裕二
  • 古林 将太
  • 大野 和成
57‘
  • 高丘 陽平
  • 松田 天馬
43‘
41‘
  • イサック クエンカ
25‘
  • イサック クエンカ
8‘
  • 原川 力
  • 福田 晃斗
  • 金子 大毅
0‘

スタッツ

13FK14
7CK4
0PK0
23シュート15
2/0警告/退場1/0

試合環境

入場者数

13,702人

天候

気温

30.5℃

湿度

68%

主審

飯田 淳平

副審

林 可人

副審

田中 利幸

第4の審判員

数原 武志

金明輝監督

本当に難しいコンディションの中、アウェイ連戦ということで、最後の湘南ベルマーレさんとの試合がこういう内容になるのは想定の範囲内ではありました。
2-0までは自分たちの形をしっかりとつくったのですが、その後は相手のパワープレイというか前の高さにボールを収められて後手を踏む場面が多くなり、失点を重ねて流れが悪くなりました。ただ、私たちのチームにはその流れを変えることができる選手がいるので、そういった部分で流れを引き戻して勝てたことは収穫だと思っています。選手たちは疲れていましたし、ギリギリの戦いだったと思っています。

金井貢史選手

自分が得点を決めたというよりも、チームの逆転勝利が本当に嬉しいですし、この遠征で公式戦3連勝できたのはチームにとって本当に大きな一歩だと思うので、これからも続けていきたいです。
トヨさん(豊田陽平選手)がヘディングで競り合えば、ここにボールが来るなという昔の感覚を信じていたし、トヨさんも同じイメージでやってくれたので得点に繋がったと思います。
ただ、今日は最初の1試合にしか過ぎません。これからも試合に出続けて、2失点してしまったし、正直自分たちで苦しめた試合なので、ゼロで終わらせないといけないし、他にもまだまだありますが、そこはしっかり反省して次に繋げていきたいと思っています。
(自分は)サガン鳥栖を助けるために帰ってきたし、自分の成長した姿を見せるためにも日々の練習からもっともっとやっていきたいと思うので、サポーターの皆さん、これからも一緒に戦ってください。

原輝綺選手

2点リードするまではみんなでバランスをとりながらうまく試合をコントロールできていたと思いますが、2点目を奪った後、追いつかれた後の試合運びのところなど大きな課題が残りました。
先制点の場面については相手の隙をうまく突けたし、難しいボールをイサック(クエンカ選手)がよく決めてくれました。
来週のホーム戦もたくさんの方が応援に来てくれると思いますし、フェルナンド(トーレス選手)をしっかり送り出せるように勝利を届けたいです。これから改善点は修正して、いいところは残して次に臨みたいと思います。

イサック・クエンカ選手

(得点シーンについて)2点ともチームメートとのコンビネーションがうまくいきました。サイドからのボールに対して自分が相手DFより前に出る意識で入って、いいボールがきました。しっかり決めることができて良かったです。
重要なことは、勝ったとしてもリラックスしてはいけないということです。自分たちがやるべきことはまだ成し遂げられていないので、しっかりと勝ちに値するだけのことを続けていくだけです。
次のホーム戦は、フェルナンド・トーレスという選手のスペシャルな試合だということは間違いないです。チームにとってもリラックスしてはいけず、勝ちにいかないといけない試合なので、そこをしっかり意識して臨みます。

フォトギャラリー