SAGANTOSU
Official Web Site

NEWS ニュース

過去のニュース

サガン鳥栖オフィシャルブログ

NEW 2017/3/22

ゴール遠く悔しい敗戦

2017年3月18日(土)【2017明治安田生命J1リーグ第4節】AWAY・キンチョウスタジアムでのvsセレッソ大阪、スターティングメンバー。 「前半はどちらもチャンスが少なくて、お互いにいいところを潰しあったような感じ(マッシモフィッカデンティ監督)」と両チームともに決定機までなかなか運べない展開が続きます。 攻撃面では、この日Jリーグ初出場を果たしたビクトルイバルボ選手が「相手のスペースを突いて、そこからチャンスはつくれたとは思います」と固くブロックをつくるセレッソ大阪に対して仕掛けます。 ビクトルイバルボ選手へのワンツーパスで相手DFを崩す豊田陽平選手。 相手ペナルティエリア内で積極的にシュートを放ってゴールを狙う原川力選手。 我慢する時間帯が多い中でも、試合を通して変わらぬ運動量でチームを助ける高橋義希選手。 「試合の立ち上がりも悪くなかったですし、集中して守って危ないシーンもそこまでなかった」と谷口博之選手は気迫溢れるディフェンス。 相手シュートコースを読み切って正面でボールをセーブするなど安定感あるプレーを見せる権田修一選手。 相手クロスはヘディングでクリア、ペナルティエリア内に攻め込まれても冷静な対応で相手攻撃をはじき返すキムミンヒョク選手。 ドリブル、パス、クロスと焦れずに落ち着いてプレーし続ける藤田優人選手。 個々の能力の高さを見せる相手にも安定した守りを見せる吉田豊選手。スコアレスのまま前半を終了します。後半に入ると両チームに決定機が訪れる中、セットプレーの流れから相手に先制ゴールを奪われます。チームの勝利のためにハードワーク、球際のところで相手に負けない福田晃斗選手。 「0−1と先制された後、チームがすぐに反応して取り返そうと凄くいいプレーを続けた中で、点を取れなかったのが残念です」とマッシモフィッカデンティ監督。 中盤で献身的な守備から攻撃に繋げる小川佳純選手。 前線でも体を張ってボールを奪われず、相手に挑む姿勢を見せ続けた田川亨介選手。 多くのファン・サポーター皆さんの後押しの中、鎌田大地選手も相手ゴールに迫ります。 何とか同点に追いつくため趙東建選手が途中出場、攻撃のリズムが出てきます。しかしチームは最後のところで決め切ることが出来ずに0-1で悔しい敗戦となりました。 「トータルとして悪い試合をしたわけではないですし、サッカーというのはこうゆう結果で終わってしまうこともありますので、とにかく残念」とマッシモフィッカデンティ監督。 温かいご声援、ありがとうございました。また、レポートします。

ホーム ニュース