SAGANTOSU
Official Web Site

ORGANIZATION アカデミー組織説明

アカデミーとは


サガン鳥栖アカデミーではU-18(高校生年代/第2種)、U-15鳥栖・唐津(中学生年代/第3種)、U-12(小学生/第4種)から成る育成部門「ユースセクション」と、サッカーの楽しさ伝える普及部門「サッカースクール」で構成しています。
一貫した育成システムにより、主人公である無限の可能性を持つ選手たちの想像力、独創力を引き出せる指導を行い、サッカーを通じ豊かな人間性と常識ある社会人としての人材育成にも重点を置き活動しています。九州各地から選手が集い、目標とされる育成組織をめざし、将来、トップチームで活躍できる選手を育成することを目的にクラブ全体で取り組みます。

アカデミーオフィシャルブログ

NEW 2019/4/23

サガン鳥栖U-18「オランダ遠征」6日目

FUTURE CUP最終戦の朝、卓球などでリラックスしている選手たち。毎朝恒例となっていたホテルでの試合前ストレッチも本日が最後になります。朝食後、対戦相手PSGの分析。戦い方、戦略をしっかりと頭に入れ試合会場へ向かいます。最終戦、なんとしても勝利で終わりたいサガン鳥栖の選手たちは、ウォーミングアップから声を出し合い戦う準備をして試合に臨みます。前半、右サイドからのクロスを田中禅選手が競りあい、そのこぼれ球に反応した相良竜之介選手がボレーで狙いますが相手ゴールキーパーに阻まれます。ボールを保持し、チャンスを多くつくっていましたが、カウンターで抜け出され失点。その後、中村尚輝選手のスルーパスに盧泰曄選手が抜け出しゴール右隅へ流し込み、前半のうちに同点に追いつきます。1-1で折り返して後半、中村選手のサイドチェンジから橋本悠選手がドリブルで抜け出し、ゴール前の田中選手へ。左足を振り抜き、ゴール左上に豪快なシュートを決めます。更に、中村選手のスルーパスに相良選手が飛び出し冷静にゴールへ流し込み追加点。試合はそのまま3-1で終了、勝利を飾りました。今大会7位で終えたサガン鳥栖。日本へ戻り、この経験を更なる成長へのきっかけにしたいと思います。決勝戦はAjaxを2-1で破ったJuventusが優勝。どちらも予選リーグで戦った相手でした。世界との距離を測ることのできた大会になったのではと思っています。応援してくださった皆さま、本当にありがとうございました。また、レポートします。

ホーム アカデミー アカデミー組織説明