SAGANTOSU
Official Web Site

BLOG ブログ

サガン鳥栖オフィシャルブログ

サガン鳥栖のアツい記録が盛りだくさん!

NEW 2019/2/9

香港遠征 6日目~トレーニング&小学校訪問~

2月8日(金)、午前中はリカバリートレーニング。全体でのランニングから始まり。ボールを使用してのパス回しとストレッチの2組に分かれて汗を流します。大会の翌日なので軽めの調整で終了となりました。トレーニング後には、練習場で記念写真。午後は、現地の日本人学校を訪問。たくさんの子どもたちに迎えられます。「みなさんに会えてとてもうれしいです。今日は選手たちに聞きたいことをいろいろ質問してください」とルイス カレーラス フェレール監督があいさつ。「香港に来たのは初めてです。サッカーの大会で準優勝という結果に終わったのは悔しいですが、こうしてみんなに会えてたくさんの笑顔が見ることができてうれしいです」と選手を代表して豊田陽平選手があいさつ。子どもたちから選手への質問タイム。サッカー以外に得意なことは何ですか?「こんにちは、サッカー以外では勉強することが好きです。みなさんも頑張って勉強してください」と三丸拡選手が答えると、子どもたちからは「はい」という元気な返事とたくさんの拍手が送られました。ロングパスからのトラップはどうやったら上手にできるのですか?「ボールを怖がらないことがすごく大事だと思います」と答えた谷口選手は、後はトーレス選手に聞いてみましょうとバトンタッチ。「一週間の中で少しずつ練習を積み重ねてできるようになります。サッカー選手を目指している人は毎日の練習をがんばってください」とトーレス選手他にも様々な質問に選手が答えると、子どもたちは真剣な表情で話を聞いていました。三丸選手、島屋八徳選手、石井快征選手の3人がチームを代表して記念品贈呈。最後に全員で記念撮影をして学校訪問を終えました。読谷村キャンプから香港遠征と約3週間にわたる行程が全て終了。「個人的には戦術のしっかりとした理解と一年間ケガをしない体づくりをしっかりできたと思います。香港遠征では海外のチームと対戦することができ貴重な経験になりましたし、チームとして課題も見つかりましたので、鳥栖に戻ってしっかり準備をしてリーグ開幕に臨みたいです。ファン・サポーターの皆さんも試合を楽しみにしていると思うので期待にこたえられるようにがんばります」と開幕までの残りの時間しっかり準備をすると語った高橋義希選手。以上、香港遠征レポートとなります。お付き合いくださり感謝申し上げます。また、レポートします。

アカデミーオフィシャルブログ

U-18、U-15、U-15唐津、U-12の情報をお届けします。

NEW 2019/9/1

サガン鳥栖U-12「U-12ジュニアサッカーワールドチャレンジ2019」4日目

8/31(土)、朝5時30分に起床し、散歩をしてから朝食をとって会場へ出発。決勝トーナメントとなり、1試合も負けられない試合が続きます。グループリーグでは3引き分けと勝利のない状況ではありましたが、子どもたちもマイナスな印象を持たずに強い気持ちを持って挑みました。Round of 16は、アメリカのレジェンズFCとの対戦。試合前のミーティングでは相手のストロングポイントとウィークポイントを理解した上で、サガン鳥栖のサッカーをしっかりとやろうと監督から話がありました。前半の最初は押し込まれる展開でしたが、少しずつボールを保持しながら動かし始めると主導権を握り試合を進めますがゴールを奪えず0-0のまま前半終了。ハーフタイムでは、監督から今やってることを継続しながらもう少し球際や攻守の切り替えを速くするようにと選手たちに声を掛けました。後半、落ち着いてボールを保持したり、相手の背後に抜け出してチャンスを作り出すと、後半13分にゴール前の混戦から原口幸之助選手がヘディングで押し込み先制。15分には川村珀斗選手がペナルティエリア内で倒されPKを獲得すると、川村選手自らが落ち着いて決め2-0。18分、八ツ繁颯悟選手が右サイドからゴール左隅に決めて3-0。今大会初の勝利で準々決勝に駒を進めました。準々決勝は、中国の広州富力足球倶楽部との対戦。相手は大柄の選手が多くシンプルに蹴り込んでくるスタイルで、それに対してサガン鳥栖の選手たちも負けずに戦い、前半をスコアレスで折り返します。後半15分に左サイドからのフリーキックを直接決められます。そのゴールが決勝点となり0-1で敗戦を喫しました。今大会は11人制でもあり選手たちも難しさを感じながらも1試合1試合成長できたと思います。優勝を目指していた中で、ベスト8と結果には残念でしたが、選手のチャレンジする姿やレベルの高い相手に対してもサガン鳥栖らしさを随所に見せてくれた大会だったと思います。この大会で得たものを今後のサガン鳥栖U-12の活動にしっかりと生かしていきたいです。今後もサガン鳥栖U-12をよろしくお願い致します。

サッカースクールブログ

園児から中学生までの男女が対象。未経験でも丁寧に指導します。

NEW 2019/12/12

11月4日 3・4年生交流戦

こんにちはサガントス・サッカースクールの近藤です皆さん、一か月近く前の激闘を覚えていますでしょうか11月4日(月・祝)に佐賀市健康運動センター人工芝グラウンドにて開催いたしました3・4年生交流戦についてレポートします(今さらかいっ)※遅くなってしまい大変申し訳ございません今回の交流戦には、なんとなんと86名の方にご参加いただきました本当にありがとうございますさらに、天候にも恵まれまさにサッカーを“今日しなくていつするんだ”って神様が言っているのかなと思ってしまいますねさあ、そんな中で行われた交流戦子どもたちの表情からも、緊張や不安。興奮といった感情がみてとれました開会式を終え、それぞれのチームごとにウォーミングアップ開始コーチたちも熱が入りますそして、30分間のアップを終えいよいよ、試合スタート中にはPKのシーンも・・・子どもたちだけでなく、コーチたちも勝負にこだわり戦っています白熱のグループステージを終え、、、舞台は決勝トーナメント、順位決定戦へ引き分けの場合はPK戦へそして死闘を乗り越え決勝戦にコマを進めたのは・・・・・・・・・チーム陶山チーム赤司奇しくもステップアップクラスがある会場同士での試合となりましたー決勝戦ー審判団は主審:岸田コーチ 副審:武藤コーチ、金井コーチチームキャプテン同士と監督同士によるタペストリーの交換が行われ、KICK OFF一進一退の攻防が続く中、前半を0-0で折り返し後半へ、お互い点が取れず、もどかしい展開が続く・・・・・このままPK戦かと思われた試合終盤CKからのこぼれ球を詰め、チーム赤司が試合終了間際に待望の先制点喜ぶ赤司コーチ悔しさのあまりグラウンドで寝てしまった陶山コーチそして、試合終了チーム赤司がなんとなんと全試合無失点で3・4年生交流戦を制しました(さすがステップアップクラス)決勝戦にふさわしい激戦を見せてくれた両チームに大きな拍手を送りたいですね閉会式では各チームMVPに景品が配られました閉会式を終え・・・・最後はみんなで集合写真その後に、各チームのコーチから話があり解散しました3・4年生の皆さん、今回の交流戦はどうでしたか?普段のスクールで学んでいることができた子もいればそうでない子もいたと思いますでも、大事なのは勝った、負けたなどの結果ではありません。今回の交流戦を通して、君たちが“何を感じたか”です。コーチたちは、今回の交流戦で君たちが“何を感じ、どうするのか”を一番大事に思っています。だから、今回の交流戦で感じたことを忘れずに、これからのスクールを頑張ってくださいコーチたちは期待しています以上!3・4年生交流戦レポート担当 近藤 大介でした

サガンティーナブログ

サガン鳥栖を盛り上げるガールズユニット「サガンティーナ」のブログです。

NEW 2019/12/15

2019年シーズンありがとうございました!

皆さん、こんばんは今日のブログ担当はERIKOですまずは、2019年シーズンもサガン鳥栖を熱く応援して頂きありがとうございました!!!最後まで走り抜く選手....そして最後まで全力で応援するサポーターの皆さん...その気持ちが一丸となり2020年シーズンもJ1リーグで戦えることになりましたね本当に嬉しい!!!来シーズンこそは、首位争いで熱く盛り上がりましょう2019年シーズン終了ということで、サガンティーナ2019年シーズンをもって卒業するメンバーがいます。かおりんかおりんとは、笑いのツボが一緒で本当に沢山笑いました笑たまにふざけすぎて怒られることも笑かおりんは優しくて、沢山の方に愛されているなーと本当に実感しますれいちぇるリーダーとしてサガンティーナをまとめてくれてありがとう!常に一人一人に寄り添ってくれて悩んだ時は親身になってくれましたAKARI笑顔がものすごくcuteで最初は大人しいイメージでしたが、沢山関わっていく中で天然で可愛いところもありましたサガンティーナの活動では常に一生懸命で見習うところも沢山ありました!MARI見た目と同じく優しいお姉ちゃん的な存在でダンス終わった後には、「お疲れ様!」とうちわで扇いでくれたのがすごい嬉しくて印象に残ってますユリア本当に可愛くて可愛くてフワフワしたうさぎさんのイメージでしたが、ものすごい努力家で体調悪い時もそんな姿を感じさせないくらい一生懸命でしたブログを書きながら、卒業する5人との思い出を思い出すとすごく寂しいけど、これかも5人を応援してるよ2019年シーズンサガンティーナを応援してくださった皆さんもありがとうございました2020年シーズンもよろしくお願いしますそれでは、明日はユリア

ホーム ファンゾーン ブログ