SAGANTOSU
Official Web Site

NEWS ニュース

過去のニュース

サガン鳥栖オフィシャルブログ

NEW 2017/7/12

ホームで悔しい逆転負け

【明治安田生命J1リーグ第18節】サガン鳥栖2-3川崎フロンターレ(HOME・ベストアメニティスタジアム) スターティングメンバー。 試合が始まると「前半は完璧と言っていいような内容でした。プレスも狙い通りかかっていて、我慢するところは我慢して、継続していいプレーができている状態」だったとマッシモフィッカデンティ監督。 細かくスピードのあるパスで繋いでくる相手に対して冷静な対応で防いだ青木剛選手。 相手のスルーパスを鋭い読みでカットするなど、勇気のある動き出しを見せたキムミンヒョク選手。 相手との1対1の局面では絶対に負けないという強い気持ちで戦い続けた吉田豊選手。 最後尾から大きな声でチームを鼓舞し続けた権田修一選手。正確なキックから攻撃に繋げます。 巧みなドリブルで相手をかわし、サイドを駆け上がってチャンスメイクする小林祐三選手。 前半39分、趙東建選手の「うまく連携がとれて良い流れにもっていけました」というパスからPKのチャンスを獲得します。 そのPKのチャンスにキッカーは原川力選手。 「決める自信があった(原川力選手)」と落ち着いてシュートをゴールに流し込み先制点を奪います。 続く42分には相手ボールを再三に渡って奪っていた福田晃斗選手が正確なクロス。 そのピンポイントクロスに合わせたのは趙東建選手。ヘディングシュートを叩き込みます!! 2-0とリードして後半を迎えます。 ダッシュで自陣まで戻って相手にプレッシャーをかけるなど献身的なプレーを続けた富山貴光選手。 決定的なパスだけでなく自らミドルシュートを放つなどゴールを狙った高橋義希選手。 攻守にアグレッシブなプレーを続けてチームの勝利のためにファイトした小野裕二選手。 「リードして入った状況で全体的に下がってしまい、相手に主導権を握られる苦しい展開(趙東建選手)」と後半に入って川崎フロンターレの反撃を凌げず、56、58、62分にゴールを奪われます。交代出場を果たすと積極的な攻撃参加からチームに流れを引き寄せる藤田優人選手。 持ち味のスピードをいかして相手にしかけるドリブルでチャンスに繋げた田川亨介選手。 スローイン、セットプレーから相手ゴールに迫るパスを出し続けた水野晃樹選手。 最後まで粘り強く戦って相手ゴールに迫りますが、スコアを動かすことが出来ず、悔しい逆転負けを喫しました。 最後まで温かい応援ありがとうございました。

ホーム ニュース