SAGANTOSU
Official Web Site

NEWS ニュース

過去のニュース

サガン鳥栖オフィシャルブログ

NEW 2017/4/24

ホーム3連勝☆

【明治安田生命J1リーグ第8節】サガン鳥栖1-0ヴィッセル神戸(HOME・ベストアメニティスタジアム) 「スピードやテクニックがあり、素晴らしい監督のもとでしっかりとした組織をつくっているチーム(マッシモフィッカデンティ監督)」という上位につけるヴィッセル神戸との対戦。「新しい選手が結果を残しましたし、これからいろんな選手が試合に出て、競争がチームを強くする」と藤田優人選手が話すように前節と違うスターティングメンバーで臨んだサガン鳥栖。 前半9分、豊田陽平選手が相手DFラインの裏に見事なパスを送ります。 そののパスを受けて抜け出したのは趙東建選手!! 「自分はFWなので、試合に出たらとにかく点を奪うという一心で準備をしていました」という趙東建選手がゴールを決めて先制します。その後は攻撃陣が前線から相手にプレッシャーをかけパスコースを限定させてボールを奪い、ショートカウンターから好機をつくるサガン鳥栖。鎌田大地選手はチームの勝利のためだけに攻守において走り続けました。 攻撃しながらも、相手カウンター時には素早い戻りを見せるなどリスク管理を怠らない原川力選手。 試合を通して豊富な運動量で豊田陽平選手へのクロスなど決定機をつくる福田晃斗選手。 サイドから相手のマークを外すと一気にドリブルで持ち上がってクロスを上げる吉田豊選手。 相手の時間帯になって攻め込まれても、集中した守りを見せます。中盤で試合を落ち着かせる高橋義希選手。 交代出場すると懸命に走って相手へプレッシャーをかける小野裕二選手。 負傷から戻ってきた小林祐三選手は交代出場を果たします。守備を厚くして相手攻撃を封じます。 試合が始まって早い時間に訪れたピンチもキムミンヒョク選手が身体を張ってブロック。 全てに高い集中力を保って、相手クロス、相手シュートをクリアーし続けた谷口博之選手。 最後のところでも権田修一選手が素晴らしい反応を見せて相手にゴールを許しません。「ホーム3連勝は皆さんの後押しとホームの地の利を生かした戦い方ができているからだと思います。サポーターの声援を力に変えて戦えています」と小川佳純選手。 ホームでの強さを見せて、サガン鳥栖が1点を守りきって勝点3を手にしました!!「昨シーズンの2ndステージ、すごく良かった時の雰囲気に近い状態に盛り返してくれたので満足しています」とマッシモフィッカデンティ監督。 熱い応援ありがとうございました。リーグ戦の次節ホームは5/7(日)のレディースデー!共に歓喜を!! また、レポートします。

ホーム ニュース