SAGANTOSU
Official Web Site

NEWS ニュース

過去のニュース

サガン鳥栖オフィシャルブログ

NEW 2017/8/13

チーム全員で勝ち取った勝点1

【明治安田生命J1リーグ第21節】サガン鳥栖0-0柏レイソル(AWAY・日立柏サッカー場) スターティングメンバー。 試合が始まると8、10分と続けてクロスに豊田陽平選手が飛び込んで合わせるなど、両サイドを起点にサイド攻撃を仕掛けるサガン鳥栖。 22分には鮮やかなパスワークから原川力選手が抜け出してゴール前にボールを供給します。 その原川力選手のクロスにビクトルイバルボ選手が合わせてシュートを放つなど決定機をつくります。 14分には身を投げ出してシュートブロック、33分にはクロスからチャンスメイクするなど攻守に貢献した藤田優人選手。 逆に前半アディショナル1分、65分と相手に決定機をつくられますが、権田修一選手のスーパーセーブ。 相手の猛攻が続く95分には高橋義希選手が体をはってシュートブロックするなどゴールを許しません。 相手の強力な攻撃陣に対してカウンターにも素晴らしい対応を見せたキムミンヒョク選手。 途中出場を果たすと守備の要として存在感を示した青木剛選手。 素早いカバーリングなど堅守を誇るチョンスンヒョン選手。連戦、天候によって体力の消耗が激しい中でも「リーグ戦の中断期間に練習ですごく走っていましたので、今日のようなきつい時でも鳥栖らしく走れた(福田晃斗選手)」と最後までハードワークを続けて勝利だけを目指します。 スペースの空いたところへ抜け出してドリブル、パスと攻撃のリズムを組み立てた水野晃樹選手。 難しい位置からでもシュートを放つなど果敢にゴールを狙った趙東建選手。 献身的に全力疾走を続けて相手にプレッシャーをかける池田圭選手。 「お互いチャンスも多くつくりましたし、どちらも最後まで勝つためにプレーした良い試合だった」とマッシモフィッカデンティ監督。 両チーム譲らず、スコアレスのドローで「チーム全員で戦って勝ち取った勝点1(三丸拡選手)」を手にしました。たくさんの温かいご声援ありがとうございました。

ホーム ニュース